パンチアウト!!

実機について 1983年、任天堂から登場したボクシングゲーム。
上下2画面構成になっており、上モニターには対戦相手とプレイヤーのステータスが表示され、
下モニターはプレイフィールドになっている。
他のゲームなら1画面に収められる所を上下2画面に分離した事によって、大きく迫力のあるキャラクターが表示可能になった。
プレイヤーが操作するボクサーは常に背後視点だが、ワイヤーフレーム状に描かれて背景も透けて表示されており、
相手の姿が自分自身のキャラクターで隠れる事がないため、快適にゲームを進められる。
日本は元より海外でも人気を博し、1985年に業務用続編『スーパーパンチアウト!!』が登場。

後にファミリーコンピューター等、同社の家庭用ハードにも移植されている。
1画面に収めているためキャラクターは小さくなったが、オリジナルと同様に背後視点になっている。

作品について 製作法は…特に書く事がありません(笑)
至っていつも通りに製作しています。シンプルなだけにタイトルロゴだけは手抜き無く再現しました。
戯言 当時の任天堂の純正筐体は「VS筐体」以外は見掛ける事が少なくて、大きいボウリング場やゲームセンターに置いてあるくらいでした。
このゲーム機も当時、地元の西成区役所前にあったゲームセンター(現在は廃業)の外に置いてありました。
2〜3回遊んだ事がありますが敵の攻撃にクセがあって、それを理解出来ず結局2面以上はクリアした事がありません…
まともに遊んだのは、当時ファミコンディスクシステムの「ゴルフUSコース」での景品として貰えた「ゴールドカートリッジ版」でした。
(ゴルフのスコアが良かったんじゃなくて、ラッキーナンバー賞に当選して貰えました。)
1画面になってキャラクターも小さくなったものの、業務用と同じ背後視点が再現されています。
元々アクションゲームは苦手なジャンルですが、これは長い間遊びました。
苦労して最後の対戦相手手前まで辿り着ける腕前になった頃、なんと兄貴が貴重なゴールドカートリッジを勝手に売っちゃってました…

今更ながら兄貴のアホーーーー!
。・゚・(ノД`)・゚・。


別館入り口に戻る